Magazine

【月刊BOSSISM】2020年3月号

【月刊BOSSISM】2020年3月号

 

講 師: 北尾吉孝氏(SBIホールディングス社長)
テーマ: 「経営者の心がけること―時流に乗る―」

1月の講師は、インターネット金融業界のトップ企業として皆さんご存じのSBIホールディングス社長の北尾吉孝さんです。北尾さんの名が世に広く知られたのは、2005年、ライブドアによるニッポン放送の敵対的買収騒動の時でした。ホワイトナイトとして颯爽と登場した姿はインパクト絶大。当会創設者の針木康雄もニッポン放送を守れと各メディアで北尾さんに喝采を送ったものでした。

今回は趣向を変え、金融分野ではなく、企業経営の要諦について北尾さんに語っていただきます。

講 師:磯村尚徳氏(外交評論家)
テーマ:「日本に欠けている視点~EU各国から見える世界~」

昨年12月12日の英国総選挙でジョンソン政権が勝ち、EUからの離脱が決定しました。英国なきEUが今後どう生き延びていくのかが注視されます。今回の講師の磯村尚徳さんは、日本人のEU各国に対する評価に疑問を呈しています。日本の報道はアメリカやイギリスの都合に影響されすぎ、事実を見誤るおそれがあるというのです。

そこで、令和2年はじめての経営塾は、EU各国の内情を通して、世界情勢をみつめなおします。日本の国際的な立ち位置を考える機会にもなろうかと思います。