Magazine

【月刊BOSSISM】2021年2月号

【月刊BOSSISM】2021年2月号

講 師: 小長啓一 氏 (一般財団法人 産業人材研修センター理事長・島田法律事務所客員弁護士)
テーマ: 「リーダーの資格と生き様-田中角栄氏の実像に学ぶ-」

第1回の当フォーラムは「平河フォーラム」として1987年4月に開催されました。それから33年、本日400回を迎えます。会場には第1回から参加されている方もお見えですね。長年の皆様の叱咤激励のおかげと、厚く御礼申し上げます。

記念となる本日の講師は、産業人材研修センター理事長で、田中角栄元首相を支えた秘書官としても著名な小長啓一さんです。いまも多くの経営者を引き付けてやまない田中氏の伝説的なリーダーシップを語っていただき、400回の節目としたいと思います。


講 師: 下村博文 氏 (衆議院議員・自民党政務調査会長)
テーマ: 「コロナ後の日本--政策と国家像」

本日の講師は、自民党の下村博文政調会長です。文科相、幹事長代行、憲法改正推進本部長など党の要職を歴任し、2020年9月の菅義偉政権発足時に現職に就任しました。100以上ある党の政策部会・調査会・特別委員会・特命委員会をとりまとめる、政策立案の中心的な役割です。

21年1に成立を目指している第3次補正予算の建付けにも大きく関わっているなかで、コロナ下における国の将来をどう考えているのか気になります。政府の方針のみならず、下村さんの考える国家像も今日は存分に語っていただきたいと思います。