Magazine

【月刊BOSSISM】2020年2月号

【月刊BOSSISM】2020年2月号

 

講 師: 武藤正敏氏(外交経済評論家・元在大韓民国特命全権大使)
テーマ: 「謎の国・韓国~一連の外交問題はこうして起こった」

 2019年12月の講師は、外交経済評論家の武藤正敏さんです。1975年から韓国に関わり、在大韓民国特命全権大使などの要職を歴任。国内では屈指の事情通として知られています。

 11月にはGSOMIA破棄の撤回が報じられ、日韓関係に不安交じりの関心を抱いている方も多いでしょう。GSOMIAのみならず、なかなか解決しない慰安婦問題や徴用工問題も含めて、日本と韓国のこうした外交問題はなぜ起きているのか。謎めいた隣国について語っていただきます。

講 師:鈴木宗男氏(参議院議員)
テーマ:「満身創痍の国政復帰鈴木宗男の『男の生き様』」

 2019年12月の講師は、2019年の参議院選挙で見事国政復帰を果たした鈴木宗男さんです。同年5月にがんの手術を終え、満身創痍ともいえる体調をおして全国を走り回った。まさに生命を賭した選挙には「男の生き様」を感じます。

 そして有権者をもっとも驚かせたのは、日本維新の会から出馬したことです。代表を務める新党大地や、娘の鈴木貴子衆議院議員が所属する自民党からではなく、維新から出た真意とはなんなのか。鈴木さんを駆り立てる政治家としての信条を語っていただきます。