Magazine

【月刊BOSSISM】2022年2月号

【月刊BOSSISM】2022年2月号

 

講 師: 楠 雄治氏(楽天証券社長)
テーマ: 『コロナで変わる、人々のお金の意識。』
――証券業界に押し寄せる変革の波と楽天証券の戦略

 

本日の講師は楽天証券社長の楠雄治さんです。楽天証券はいま、口座数がすごい勢いで伸びています。2021年12月には700万口座を超え、確固たるポジションを築いています。日本はまだまだ貯蓄のほうが優勢ですが、逆に言えば投資に回るお金が今後増えていく可能性も高い、注目の業界です。

楠さんは楽天証券の社長に就いて15年、楽天グループの常務も兼務して、長期にわたり楽天のグループ戦略の中心にいます。楽天証券の戦略と、ネット証券業界のサバイバルについて本日は語っていただきます。

 


 

講 師: 福島香織氏(ジャーナリスト)
テーマ: 世界を襲うチャイナリスク ――歴史決議の意味と習近平の思惑

 

本日の講師はジャーナリストの福島香織さんです。福島さんは産経新聞記者時代から長年、中国社会を中心に取材活動を進めており、最近でもウイグル・香港などの人権問題に言及する書籍も出されています。2021年11月11日に習近平国家主席が歴史決議の採択に踏み切ったことについてもメディアで語っておられ、日本の覚悟について言及しています。

そもそも歴史決議とは何なのか、なぜ習近平はこのタイミングで決議を出したのか、今後の中国の政治経済やチャイナリスクも含め、習近平の歴史決議の意味について語っていただきたいと思います。